NTTドコモからの新規iPhoneユーザーを狙え!

docomo iPhone
docomo iPhone

ドコモのiPhone販売戦略は今月中旬にも発表される。ついに販売決定か。

“今更?もうauに乗り換えちゃったよ”という感じはしないでもないが、iPhoneは後発でも売れる事は、auとソフトバンクのiPhone売り上げが拮抗していることが証明している。

 

いずれにしても我々アプリベンダーにとっては朗報。iPhoneが売れればアプリも売れるからだ。

 

以前auがiPhoneを導入した際、アプリ市場は確かに新規ユーザーで活気づいた。au用のまとめアプリなんかも流行った。今回も同じ戦略が取れそうだ。

 

auが参入した際は実際こんなことが起きた。

・新規ユーザーの参入でappstoreアプリ市場の規模増大。アプリの販売数がはねた。

・iPhone初心者向けの基本アプリ、ユーティリティー系のアプリ販売数が増えた。「はじめてのiPhoneマニュアル」的なものも再燃。

・旧ユーザー市場では全く売れなかったアプリが、新規ユーザー層にマッチしてありえないほど売れた。

・au参入報道の翌日から自社で運営しているiPhone情報サイトのアクセス数がはんぱなく増えた。

など。

 

我々アプリベンダーにとってドコモのiPhone販売は市場拡大のチャンスだ!これを機に新規ユーザーをたくさん獲得しよう。

Share This Post

Post Comment